清家千晶”doll's tempo"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

9/1(月) 23:58 不思議な天気   風邪で意識ぼんやり


今朝は 微熱があったけれど、静かでとてもすがすがしい気分
だった。

何かがはじまる 予感。

ひとり静かに、汗ばんだ額で立っていたけれど、おなかの中がこそ
ばゆくなるくらい、どきどきしていたわたしの胸。


たまにこういう、何かの前触れのサインみたいな感覚に陥る時が
あって、その予感は たいてい当たることが多いので
覚えておこう。


何かが…って なんだろう??
なんだかソワソワする・・・そんな夏の終わり。




さて、少し前になりますがセブンスフロアーでの ライブに来
てくれた方 アリガトウ。

今回の衣装は ポニョ色ワンピースでした。
わたしだって 波の上を走りたい・・・!という切実な願望か
らの!!



ライブ自体 半年ぶりで、ステージに上がるまでずっと
自分の気持ちがわからないような、緊張してるのか、たのしみなの
か、ライブなんてやったことあったっけ・・・?的な、すべてに実
感がなくて、ふわふわ変な気分でした。


でも、ステージに両足をのせたら、その途端に 焦点がピーン
と合うみたいに感覚が戻って、自分のことが、気持ちが、なんだか
よくわかりました。

すごく自然にそうなれて、うれしかった。


そして、ひさしぶりの バンドの音に扉が見えました。

なにもかも 手探りで、いつも巨大な真っ暗闇をゆくのです。
知らない世界を 見るように。



ほんとうに、どうにもならないことが この世には た
くさんあるから、人は歌うのでしょう。

歌は 祈りのようで、それは すぐに消えてしまう泡の
ようでもあります。
今年、外苑前や二子玉で花火を観たときも これと似たものを感じ
ました。


一瞬一瞬なのです。


わたしは 歌のそういうところが 哀しいくらい気に
入っています。


近々また ライブやると思います。
次は 何が見えるのか、たのしみです。




丸い星を

夢みる才能

メロディー

想像



全部  はみだしたい
   はみだしたい
スポンサーサイト
このページのトップへ

08/21 (水) 19:32 雷と雨 まだ眠い… やっぱりこういう天気がすき

オヒサシブリです☆

一年以上ぶりに ひっそりと…こっそりと…書いてみる。


おゲンキかしら??

自由すぎるという 周囲の声を押し切って、かきまぜて、甘くして、わたしは今日も生きています。

そして、半年くらい前にコンピューターを買いに 初ビックカメラに行きました。

MACを買いましたが、メカ類の使い方がさっぱりわからないので そこはやはり、ケイタイからの 更新です。

しばらくの間には、いろんなことがありました。
でも 時計の針はノーセンキュー。

わたしは わたしの時計で時を刻んでいるからです。
懐かしくなったり、老婆になったり、ハウルの城のソフィーみたいに なりたいなぁ。

きみはどう…?



さて、今月の25日に渋谷の7th FLOORのイベントにてライブやります!
今回は 初で、すてきドラム男に叩いてもらいます。

ゼヒ遊びにきてね。
おたのしみに!

また かきます☆
ヂャ。
このページのトップへ

5/6(土) 00:01  雲のない空の下 別れは つらい

今日は 人を見送り、心に穴が空いた…という表現が、とてもしっくりくる。

かわいいものや、
お酒や、
音楽や映画がないと、
ニンゲン(女子)は タイヘンだ。

孤独とは すばらしいが、
時に やりきれない そういうもの。



少し前のことに なるけれど、4/29の樽木栄一郎の イベントはとても たのしかった。

わたしも 1stステージ、5曲と短い間だったけれど、そこは やわらかな空間だった。

歌いながら、お客さんのほうを見ると、体を揺らす人、眼から雫を流している人、が見えた。

生きている というモールス信号のように見えた。


2ndステージの 樽木栄一郎の 弾き語りで グッときて、わたしも涙目になる。

志が高く、さみしがり屋という、彼の本性が前面に出ていた。


そんな樽木くんに言わせると、わたしは "変態"らしい…。
ナゼなのか わからないけれど、何となく光栄な気がする!


クレイジー?
このページのトップへ

4/17(火) 23:21 外は雨… 雨… 雨… 決して嫌いではない

ブライアン ジョーンズ の映画を観て、(タイトルは忘れたけれど、 ストーンズから消えた男?)まだあの世界に 酔っている。

60s' ファッションも 思想も 映画も 音楽も 何もかも たまらない!


ゴダールも ゲンズブールも ツィギーも フランスギャルもいた時代だ…。

なんとゆう 贅沢!



映画の中の ブライアン ジョーンズの台詞の
『幸福というのは、退屈なんだ。』

という言葉に 首がちぎれそうになるくらいに うなずいた。

実在した彼が、インタビューで、本当に言った言葉らしい。


なんて 冷たくて
なんて ロマンチック!



いつも 何かに酔って いたい

いつか 溺れるくらいの スリルで

深いか どうか わからなくっても

水面に ダイブ
常に ダイブ
このページのトップへ

4/7(金) 01:20 今日は天気に興味はない けだるさに満ちた日

桜が 目に染みる。

今夜は これでもかと言わんばかりに 月も 輝くようだった。


何かを あるいは ひとを 好きになることは 苦しい

自分の中の 平穏さ、 決められた臨界点が 乱れてしまうからだろうか。

ただでさえ、不安定になりやすい 春なのに。


昼間の空の色や 時間の流れ 人の顔色も 食べものの味も あんまりわからない

心はずっと 遠い星をさまよっている



それから、ウ゛ィンセント ギャロの "When"を、最近 また繰り返し聴いている。

心に 近い。


心にはかたちがなくて、目には見えないのに、永遠に揺れつづける波のようだ。

濁ったり
荒れたり
澄んでたり
美しかったり
を くりかえす


心を 失う日は くるの…?
このページのトップへ

3/28(水) 16:47 晴れ 自由気ままな気分

きのうは ソロ活動(?)でお花見にゆきました。

たったひとりで 見上げる桜の 美しさ

桜だけでなく、
花や、夜景とか、泡とか、綺麗なものをみると
哀しくなるのは なぜ…?

とても 静かな 哀しい気持ち


この間は、春がやってきたことが うれしくて ツーンと涙がでました。

心の中で
『春かもしれない…春かもしれない……。』
と、何度も つぶやきました。

春に気づいた 一瞬。



ひっこしをしてから、ずっとずっと 思いつめたように
新しい おうちのインテリアのことを 考えています。

妖精が遊びにきてくれるくらい ふわふわの、幻想的なおうちにしようと
何をしていても、常に頭の中の80%くらい シャンデリアとか うすい紫とかピンクのレースのカーテンのことを考えているという、タイヘンな状況です。

物事にのめり込みやすいって…こまります!


さて これから スタジオへ 行ってきます☆
このページのトップへ

3/22(木) 23:17 目が覚めると もう暗い 泥のような状態

昨日は、新曲のデモを作りにスタジオへゆく。


頭の中は
イメージでいっぱい

いつまでも
音が鳴りやまない

わたしの 頭の中だけの
ちいさな おとぎ話を
映画の ワンシーンみたいな 映像を

閉じ込めて 形にしてゆく

だれも聞いたことがない
不思議な音の 集まり



まだまだ先は長いみたいな 気がするけれど、たのしみ!
このページのトップへ

3/15(水) 00:24 いいお天気 だけど不思議な夢を見た 思い出せないけれど…

今日は夕方から、下北で16日ライブのリハ。


ググッと内側から、内側から
何かを爆発させるようなイメージ。

きれいな色のオーガンジー生地が、
グラデーションになっているような。

ちいさな星が、
いくつも贅沢に散らばっているような。


濃厚にコッテリやって、終わったあとは、みんな曲にエナジーを捧げ、吸いとられたみたいに、グッタリとなって帰ってゆきました。
ヒヒ!


アレンジを詰めるのは、本当にたのしい。

コラージュするみたいに、
曲の映像が、世界が、
かっこよく固まって、
あとは歌うだけ!となるのが。

けっこうタイヘンな現場だと思うのに ミュージシャン男たちは、すごいなぁ…。


16日スプーマ、濃厚セットでひさしぶりの曲もやります。
ゼヒ 遊びにきてください☆


ちいさな
ちいさな
心の世界へ ようこそ
このページのトップへ

03/09(木) 01:22 今日も風が強い なぜか気分が荒む

最近、人、身近で、そして年上の女性に言われました。

『あなたは死を意識しすぎだ。』と。

わたしは、
『なぜ? 人はどんな瞬間だって、死に向かって生きているのに…?』
と、呟きました。



どうしても、極端にものを考えてしまうところがある。

どうしても、0か100かではないと、許せないところが。

なんで、こうなんだろうと、思い悩むこともあるけれど、変えられない。



頭の中が、いそがしく、落ち着かず、会いたいひとにも会えず、伝えたい言葉もうまく出てこなくて、もどかしくって、そしていつも自分をみつめていなくては、大変なことになるんだなぁ…と実感する毎日だ。


次の瞬間、口に出す一言が、しぐさが、表情が、
未来の自分を作っているんだと、
いつも気づいていたい。


選ぶ、色やかたち、人や食べ物とか、散歩のコース、どこで曲がるのかとか、
絵や音楽も、髪や身に付けるもの、そんなすべてが自分以外の、外側の世界への細かい、厳密なメッセージになって積み重なって、いつか自分に還ってくるのだと。



わたしは生きているのだし、どうにもならないこと以外は、自分で自分を作ってゆけるのだから。


ちいさな細胞から、とおい空想の世界までも。
どこまでも、どこまでも。


すきなものがみつからないなら、作ってしまえばいい。

それは自分だって、おんなじこと。
このページのトップへ

2/20(火) 23:53 曇りと雨 テンテコマイの日々

いつの間に、こんなに時が経ったのだろう…。

ゴブサタなのです。

何だかこのところ めまぐるしく、いろんな、いろんなことがありました…。(遠い目)。


まずは、おととい、引っ越してみました。

年が明けてから、なぜか急に思い立ち、はじめは興味本意で、トモダチから付き合うつもりが結婚!?みたいな流れで(意味のわからない例え…。)おうちが決まりました。

するすると。
あっという間の 強行でした。


その間には、前にもすこし書いたのですが、

自転車を失い、
そして取り戻し、

タメ口の不動産屋さんにイラッ!とし、
ほかのお店で探すことにし、

急にケイタイの充電器が壊れ、
そしてドコモへ走り、

引っ越しの手続き関係がちんぷんかんぷんで、
助けてもらおうと妖精を呼んだが、現れず、

加湿器が壊れ、
乾燥で風邪をひき、病院へ走り、

はたまたコンタクトを落とし、
通りすがりの優しい人にみつけてもらって、感謝し、

ダンボールにまみれ、
ガムテープ臭にふらふらし、

6年住ごした部屋に、半泣きで別れを告げて、


やっと!何とか少し、落ち着きました……。


人生は 何が起こるかわからないのですね。

身をもって 知りました!

住民票は、お役所にあるということも 知りました。

もう少しで コンビニ行きそうでした。



引っ越しは せつないです。

でも あたらしいおうちは、わくわくします。

両方の気持ちが、交互に くりかえし やってきます。

今は そんなわたしです。



思い出はずっと 心の中

だれも知らない 知ることもない

たった独りの 心の中
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

seikechiaki

Author:seikechiaki
Birthday:1979.07.10
height:152cm
Blood:O
favorite color:reddish purple
favorite artist:
Velvet Underground,Bjork,
Tack&Patty,Chet Baker,France Gall,the Beatles,小沢健二, Vincent Gallo,Jean-Luc Godard,宮崎駿, 荒木経唯,よしもとばなな, 奈良美智 etc...

favorite drink:beer,sparkring wine

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。